MENU

ゆめカステラプロジェクトについて

長崎の代表的な食べ物である「カステラ」を通して、食べ物が気管に入って起こる誤嚥とそれに続く誤嚥性肺炎や窒息を防ぐための普及活動や商品開発を実施。
さまざまな分野のメンバーが力を合わせて、嚥下障害に対応できる社会を目指しています。

代表挨拶

長崎大学病院摂食嚥下リハビリテーションセンターに勤務する三串伸哉さん。
専門分野である摂食嚥下障害に対し社会全体で取り組むため、プロジェクトを立ち上げました。自身の経験から生まれたその想いについて伺います。

長崎大学病院摂食嚥下
リハビリテーションセンター
三串 伸哉

『なめらかすてら』開発秘話

美味しく、だれにとっても食べやすいカステラの開発。何度も会議を行い試行錯誤を重ねながら、味と食感、どちらも妥協することなく満足いくものが出来上がりました。その開発に至るまでの物語をご紹介します。

しっとりやわらか!「なめらかすてら」

小さな子どもから高齢の方までみんなが安心して食べられる、とってもやわらかなカステラ「なめらかすてら」がついに誕生!食感だけではなくおいしさも間違いなし。栄養豊富なとっておきのおやつです。

『なめらかすてら』のご購入


常識を覆すほどのやわらかさが特徴、カステラのプロが力を合わせた本格派のおいしさ。
ゆめカステラプロジェクトが開発した『なめらかすてら』はみかど本舗オンラインショップよりお求め下さい。

PAGE TOP